〒357-0021 埼玉県飯能市双柳694-1
  • 特大
  • 大
  • 標準

コラム

狂犬病

狂犬病とは? (1)狂犬病とは?
狂犬病に感染した動物の唾液中にウイルスが排出され、咬傷によって伝播します。ほとんどの哺乳類に感染し、発症した場合はほぼ100%死亡します。
日本国内では1957年以来狂犬病の発生報告はありませんが、世界では毎年5万人以上の人が死亡しています。また、日本のように狂犬病の発生のない国は世界的にもわずかしかありません。
日本では、狂犬病予防法により、飼犬にワクチンを接種する義務が定められています。

(2)症状
犬の場合、平均1~2ヶ月の潜伏期間後に外部からの刺激に過剰に反応し、目の前にあるもの全てに咬みつくようになる狂躁型や、進行性に全身麻痺を示す麻痺型を呈し、終には死亡します。
人の場合、1~3ヶ月の潜伏期間後に症状が出て、やがて様々な神経症状を起し、死亡します。

(3)感染経路
感染動物の咬傷により感染します。

(4)検査
動物の場合、死後解剖し、脳細胞からウイルスを検出します。人では皮膚、角膜、唾液などからウイルスを検出します。

(5)治療
発症した動物に有効な治療法はありません。ヒトの場合、狂犬病発症地域で動物に咬まれたら、直ちにワクチン接種すれば助かります。しかし、発病後は有効な治療法はありません。

(6)予防
人も動物もワクチンで予防する事ができます。
様々な動物が行き来する現在、日本は狂犬病を始めとする海外からの伝染病に狙われています。
WHOでは地域動物の70%に狂犬病の防御抗体があれば、万一の発生時に蔓延を抑える事ができるとしています。
ワンちゃんを飼っている皆さんは、毎年1回のワクチンを必ず接種してください。

>> コラム一覧のページへ戻る